風俗が好きすぎる私は、体験談をたくさん保持しております!是非、皆様に聞いていただきたいのです!

風俗で人妻にイケナイことを

人妻との過ち。実に甘美な響きですが、本当に過ちを犯してしまったら大変面倒なことになりかねません。その店風俗ならば「設定」という都合の良いものがあります。漠然と「人妻に夜這いをしてみたい」という願望があった私は、夜這いが出来る風俗店へと足を運びました。もちろん在籍している女性は20代後半から30代前半。「若妻」という響きが似合う年齢が揃う夜這い専門風俗店です。受付で女性の細かい設定付けやオプションを選んで、シャワーを浴び、ベッドだけが置かれている部屋で寝ている女性へと襲撃をかけます。女性には普通にノーブラでパジャマを着て寝てもらいました。布団を捲り足元から忍び込んで、こっそりズボンとパンツをずり下げて…。夢にまで見たシチュエーションです。途中で起きてしまった女性には弱い抵抗の後に「旦那が起きちゃう…っ」と大鉄板の台詞を言ってもらい大興奮でした。それから散々指で弄ったり舐めたり、女性には弱い抵抗のみに徹してもらい、最後は正面からの足を閉じさせて素股でフィニッシュしました。人妻夜這い、癖になりそうです。

出張先の風俗A店

久しぶりに風俗で遊ぼうと、出張ついでにデリヘルを利用しました。まずはビジネスホテルにチェックイン。同僚とともに風俗雑誌からデリヘル店を選び、予算が少なかったため指名はせずフリーで、スレンダータイプの女の子を希望しました。しばらくすると、ドアをノックする音が。イソイソと玄関へ向かい、ドキドキしながらドアを開けると、おおよそ風俗嬢には見えない女子大生風のYちゃんが出迎えてくれました。このYちゃん、おっぱいは小ぶりながらもスタイル抜群、ウエストのくびれ・お尻、全てにおいて理想的なプロポーションでした。お尻フェチに火が付き、気付けばバックスタイルでYちゃんを攻め立てスパンキング。トローンとした表示を浮かべ、すでにあそこはビチョビチョのYちゃん。私が下になり、ローションを垂らした私の息子にやらしく跨るYちゃん。お尻フェチということで、お尻を強調したYちゃんの素股攻め。ローションでテカテカになった尻がエロく、たまりませんでした。久しぶりの快感を味わい、仕事の疲れも癒えました。

風俗は潔癖性でも利用できる

風俗体験と言えば、ソープランドについてですが、最初にソープに行ったときは、ちょっと抵抗感がありましたね。なぜなら、僕は結構な潔癖性だからです。けれどもデリヘルでは物足りなくって、そしてソープランドへと風俗の利用レベルを上げたのですが、けれどもお風呂に入りたくはないんですよね。そもそも、自宅でもシャワー入浴で、浴槽には入らないのに、たとえ全裸の女性と一緒でも、誰が使っているのかよくわからないし、どんな病原菌がついていないかよくわからない、風俗店の浴槽なんて、ぶっちゃけですがノーセンキューという感じだったのですよね。けれども人間慣れるものです。あれほど、「いやだな~」と思っていたソープの浴槽ですが、今では抵抗なく入っていますので。最初にエイヤ~と、ソープの風呂に入ったわけではなくって、最初の方こそはシャワーのみだったのですが、徐々に「ま、べつにいいかなー」になっていったんですよね。嬢に誘われるがままに。ですから、潔癖性でも慣れますよ。

風俗で金髪美女の背中に白い液体を。

私の人生の中で金髪で派手なメイクをしている女性と知り合うことはありませんでした。こういった女性に憧れはあったものの住む世界が違う人たちと思い、これまで積極的にアプローチすることができなかったのです。その憧れは今でも継続して持っており、いつかエッチしたいと思っていました。そこで利用したのが風俗です。風俗ならばナンパする為の勇気など必要なく自然と対面できるので余計な気遣いも要らなくて済むのです。私が利用した風俗店Sはギャルっぽい女性を多く在籍させているヘルスでギャル系が少なくなってきた時代貴重なお店なのです。指名した女性はAというロングヘアの金髪が印象的でスタイルも170センチ程あり、比較的スレンダーなビジュアルをしていました。その分バストの方も小ぶりではあったものの、裸体を後ろから拝見するとお尻がとても可愛くて私は終始お尻ばかりを舐めていました。射精方法もお尻の割れ目でシコシコと上下させてもらってAの背中まで飛ばしてしまいました。
低価格高品質…あり得ないとお思いですか?いいえ、風俗なら可能なんです!今すぐこのサイトをチェック♪